スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
C.purpurata 'HR17539-5' カトレア パープラータの紹介
梅雨の合間の晴れ曜日となった高知市です。

洗濯物が乾くので、晴れ間は貴重ですね。

もちろんランの水やりもここぞとばかりに与えます。

成長期に入って根の動きが活発になっていますので、しっかりと水を与えましょう。

ちょっとしつこくやっていますが、水やり参考にして下さい。


本日の花は、初夏を彩るカトレア原種パープラータです。

ついこの間まで、パープラータはレリア属だったので、いまだに違和感があります。

分類学上の話なので、我々は従うしかありませんが、ラベルや記憶の整理に戸惑いますね。

C.purpurata 'HR17539-5' カトレア パープラータ

C.purpurata 'HR17539-5' カトレア パープラータ

C.purpurata 'HR17539-5' カトレア パープラータ


C.purpurata 'HR17539-5' 
(C.purpurata carnea'Hihimanu'×C.purpurata semi-alba'Carmencita')

カトレア パープラータ'HR17539-5'
  旧属名表記 L.purpurata (レリア パープラータ)

初夏咲きを代表するブラジル原産カトレアの一種です。

寒さに強く、丈夫で育てやすい原種です。

また、香りも大変良く、スッキリした甘い香りがあります。

パープラータ系の品種が咲き終わると、夏がやってきて、本格的に暑くなります。

十分な光の下で栽培すれば花も咲きやすいので、花が少なくなってくるこの時期には欠かせない品種です。


高さ:(鉢上から葉の頂上)50cm

鉢の高さ:13cm

鉢の大きさ:4.5号鉢(14.5cm)

花の直径は約14cm


植え込み鉢:プラスチック鉢(内容器は硬質プラスチック鉢)

植えこみ材料:バーク

実生株 C.purpurata 'HR17539-5' 
(C.purpurata carnea'Hihimanu'×C.purpurata semi-alba'Carmencita')

実生株は、交配によって種から育てることで、100の種を蒔けば100の違った花や株姿の物を見ることができます。両親に似ている花もあれば、祖父母に似ている花も見ることができるので、変化を楽しむ事ができるのです。

種から育てるといってもラン科植物は、時間がかるので気長に待つしかありません。花が咲くまでには、実に6〜8年もかかるのです。 この花も長い成長をへて、立派に花を咲かせるようになったのです。

この交配は、同じ原種同士の交配によるものなので、ほとんど似たような花を咲かせています。



人気ブログランキングに参加しています。本日も応援クリックよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ
[2013/06/04 15:33 ] | カトレアの販売 | コメント(0)
<<Prosthechea radiata プロステケア ラディアタの紹介 | ホーム | C.Canhamiana coerulea‘Azure Sky'AM/AOS カトレア カンハミアナ セルレア 'アズールスカイ’の紹介>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。