スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
夏咲き品種が咲いています。
DSC03658_convert_20120618225316.jpg

梅雨に入りジメジメしたり、スッキリしない日々が続いています。

戸外に出してあるランも自然の雨に当たると、生き生きしているように見えます。

しかし、梅雨時期などの長雨に当たり過ぎると、腐ったり病気になったりすることがあります。こんな時は、軒下などの直接雨が当たらない所へ移動させるなどして、長雨対策しましょう。

こんな時期ですが、着実に季節は夏に向かっています。すでに高知は夏模様ですが。

そして、ハウスの中は夏咲の品種が咲き誇っています。

花も知っているのか、涼し気な色彩の色を咲かせて、我々の目を楽しませてくれます。
スポンサーサイト
[2012/06/18 23:33 ] | 日記 | コメント(0)
自然開花のシンビジューム
fc2blog_20120607210347184.jpg

6月に入り暑い日が続いていますが、例年に比べると涼しいような気がする高知市です。

写真は、近所にある公民館の入り口で育てられているシンビとデンドロです。

通りがかりの人の目を楽しませるかのように、しっかりと咲いています。

この場所の地面はコンクリートで、南面が道路となっている場所で、さらに直射日光が降り注ぐ場所なのです。

環境は決して良いとは言えませんが、毎年花を咲かせています。

寒い冬の間もこの場所で育てられています。

一年を通して見ていると、蘭の野生的な力強さが伝わってきます。

花が咲かないんですよ~と嘆いてるあなた、この例は極端ですが、十分な光線と水があれば花は咲いてくれます。

属間によって育て方は違いますが、今一度置き場所を考えて見てはいかがでしょう。

<注意>

直射日光に当たると日焼けを起こす可能性がありますので、屋外で栽培する場合は遮光ネットなどを用いて、少し光線を柔らかくしてあげましょう。それでも日焼けするようでしたら、ネットを2重にするなどして、さらに柔らかい光線にしてあげましょう。



[2012/06/07 21:04 ] | 育て方 | コメント(0)
銘花ガットンサンレイ開花しました。
DSC03650x.jpg

DSC03649x.jpg

DSC03652x_20120604191634.jpg


デンドロビウム ガットンサンレイ

Dendrobium Gatton Sunray (Den.pulchellum×Den.Illustre)が咲き始めました。

黄色地の中に黒と見間違えるほどの濃赤色の模様があり、花をすごく引き立てています。

バルブの節から花芽が伸び、自然と垂れ下がる状態で咲くタイプです。

デンドロの中では大型で、写真の株は、株元から100cm・密集している所までは60-70cmとなっています。

花も大きく横幅が9cmあり、下垂した状態ですべて咲くとしたらWAKU WAKUしますね~。

1919年に品種登録され、今日まで愛され続けているベストセラーデンドロの一つです。

見頃は蕾が付いていますので、2~3週間程度だと思われます。

只今、ショールームにて展示中です。


[2012/06/04 19:14 ] | 洋蘭図鑑 | コメント(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。